投稿者 尾崎タカオ | 2013年5月14日

『BIRD』C.イーストウッド

ジャズがお好きな方へ僕のおすすめ映画を紹介します。


『BIRD』1988
天才サックス奏者チャーリーパーカーの半生を描いたヒューマンドラマ。
監督はミリオンダラー・ベイビー硫黄島からの手紙等の監督としても有名な名優C.イーストウッド。マイルスディビスの自伝などを読んだ方なら、あのマイルスが手を焼く程、パーカーのその破天荒さは文章からも充分読み取れると思いますが、映像になるとますますリアリティを帯びてきます。そして、とにかく演奏シーンの音がすごい、、、と思っていたら、やはり映画内で使用されている音源はパーカーのオリジナルのもののようです。パーカーは34才でこの世を去りましたが、遺体を見た医師は70代の老人と見紛うほどボロボロだったとか・・・。美人薄命と言いますが、天才もやはりそうなのでしょうか。ちなみにイーストウッドのご子息カイル氏はジャズベーシストとして活躍中です。

この映画やご子息の仕事からも窺えるように、イーストウッドのジャズ好きは筋金入りといえるでしょうね。

広告

カテゴリー